バックアップ市場で勢いをつけているヴィーム・ソフトウェア。古舘正清社長は「2024年までにトップシェア獲得は間違いない」と断言する。従来のバックアップがシステムごとにサイロ化していたのに対し、同社の製品ではマルチクラウド時代のデータ活用を見据えた全体最適の提案が可能だという。クラウドへのシフトが進むとなぜバックアップ製品が売れるのか、古舘社長に聞く。