デルコンピュータ(浜田宏社長)と野村総合研究所(NRI、藤沼彰久社長)は、ストレージ製品のシステム構築で協業する。

 デルは2001年、米EMCとストレージビジネスに関する契約を締結し、共同ブランド「Dell|EMC」の提供を開始。企業向けビジネスの戦略製品として同ブランドを位置づけ、ソリューションおよびサービスを合わせて提供してきた。今回の協業は、デルのコンサルティング部門であるデル・テクノロジー・コンサルティング(DTC)のパートナーとして、NRIが「Dell|EMC」の導入コンサルティング、運用、管理など、トータルで質の高いサービスを提供するのが目的。NRIではこれを機に、NRIグループがもつストレージにかかわる技術ノウハウとサービスを、より広範囲のマーケットに対して提供していく。