日本ユニシス(島田精一社長)は、グループの地域ソフトウェア会社6社を、10月1日付で日本ユニシス・ソフトウェア(藤田康範社長)に統合する。いずれも日本ユニシスの100%出資子会社であり、今回の統合は、同社がグループの総合力強化を目指して2003年度から進めている「機能別グループ再編」の一環。

 地域ソフトウェア会社6社は、地域密着型のシステムサービス会社として1986年から順次設立され、各社の専門性・地域性などを生かしたシステム構築事業を推進してきた。統合することによって、グループ内のシステムサービス機能を集中させ、要員配置を含めたプロジェクト管理や人材育成のマネジメントを効率化し、サービス品質の向上と要員の技術力向上を目指す。

 日本ユニシス・ソフトウェアは、6社の約750人の人員を統合することで、10月には約3400人とグループ最大規模のシステムサービス専門企業になる。