PFU(広瀬勇二社長)は、Linux関連システム構築事業でオープンソースソフトウェア(OSS)のミドルウェア活用を積極化させる。アプリケーションサーバーの「JBoss」や「Tomcat」などのミドルウェア分野のOSSもシステム構築に積極的に活用していく。

 PFUのLinux関連事業は、1999年にLinuxのサポートとシステム構築事業をスタートしたことが始まりで、UNIXを用いたシステム構築事業を強みとしている。特に、研究所で使う科学技術用計算システムやミッションクリティカルなどHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)分野に強い。

 スーパーコンピュータからLinuxシステムへの移行案件の実績もある。コスト削減目的だけでなく、「ソースコードが公開されていることから扱いやすく、チューニングもしやすいことがHPC分野で評価を得ている」(長畑浩之・ソリューションビジネス本部システム事業部インフラソリューション統括部プロジェクト部長=Linux担当)という。HPC分野でのLinux専門技術者は、約20人揃えている。

 今年度のLinux事業の強化ポイントとして長畑プロジェクト部長は、OSだけでなく、OSSのミドルウェアを強化ポイントとして掲げており、OSSの活用領域を広げていく考えだ。

 OSSのミドルウェアには、アプリケーションサーバーの「JBoss」や「Tomcat」、データベースの「MySQL」、「PostgreSQL」、Webサーバーの「Apache」などがある。