ライブドアグループは4月2日、持株会社「ライブドアホールディングス」(平松庚三・代表取締役社長)を軸とするグループ体制に移行すると発表した。

 ライブドアは、会社分割により持株会社制に移行、「ライブドアホールディングス」に商号を変更するとともに、旧ライブドアが行っていたメディア事業・ネットワーク事業は新設の「ライブドア」(出澤剛・代表取締役社長)が継承する。

 純粋持株会社のライブドアホールディングスは社員約50人で、(1)グループ全体の戦略立案(2)グループ資源の最適分配(3)コーポレート・ガバナンス、コンプライアンスの強化(4)訴訟対応――などの役割を担う。

 新ライブドアは、資本金4億円、ライブドアホールディングスの100%子会社として、ポータルサイト運営事業、データセンター運営事業など、インターネット関連で、技術力を生かせる分野に特化した事業を手がける。