東芝ITサービス(石橋英次社長)は8月8日、サーバーのセキュリティ対策状況を監視・診断するソフト「セキュドック<センター>」を発売した。

 すでに販売しているセキュリティ診断ツール「セキュドック<スタンダード>」に、複数のサーバーを集中管理する機能を付加したもの。脆弱性の数やセキュリティパッチの適用状況など、サーバーのセキュリティ状況を表やグラフで分かりやすく把握できる。

 新製品では、複数の遠隔地にあるサーバーでも、エージェントをインストールしネットワーク化すればセキュリティ状況を診断・把握できるようにした。管理するサーバーが多い企業や、営業所や支店・支社を複数もつ企業の管理コストを下げられるメリットがあるという。

 製品は、管理ソフトの「マネージャ」と、管理したいサーバーに埋め込むソフトの「エージェント」で構成。税別価格は「マネージャ」が80万円から、「エージェント」が60万円から。