国立高等専門学校機構(国立高専機構)とマイクロソフトは10月4日、高等専門学校の学生の技術に対する好奇心と探究心を高め、専門的な知識や技術をもつ高度IT人材の育成支援を目的に、「全国高専キャラバン」を同日の出発式から開始すると発表した。 高専学生を対象に最新のIT技術を紹介することで、学生の技術への興味や、夢や可能性を広げることが目的。また、高専におけるキャリア教育を支援し、将来のIT産業全体の発展に寄与することを目指す。

 出発式のあと、岡山県津山市で10月6日・7日に実施される全国高専プログラミングコンテスト会場をはじめ、08年3月末までの約6か月間、全国約30都道府県の40高専を訪問する。全国の高専へは専用のキャラバンカーで回り、マイクロソフトの社員が最新のIT技術などについて講演する。また期間中、マイクロソフト担当者によるブログを更新する。