NTTコムウェア(今井郁次社長)は10月10日、次世代ユーザーインターフェイスである「タンジブル・ユーザインターフェイス(TUI)」を利用した災害情報管理システム「タンジブル災害情報管理システム」を開発したと発表した。

 「TUI」は、情報に手で触れて操作するような新感覚のPCインターフェイスで、マサチューセッツ工科大学メディアラボの石井裕教授が研究を進めている。「タンジブル災害情報管理システム」はTUIを応用し、大量の情報を一元管理し、直感的な操作でデータを分析して災害発生時の対策立案に役立てるためのシステム。

 たとえば、災害発生時の通報や映像などさまざまな情報をデータ化して整理し、机上に投影した電子地図上に一覧表示。「パック」と呼ばれる駒のような物体を地図上で動かすだけで、その場所で発生した災害状況や報告時刻などを表示・把握できるという。また、GPS機能付き携帯電話と連動させ、復旧作業者がどこにいるかを地図上で管理することも可能。

 今後は、ヘリコプターから撮影した映像や通話音声などの情報も管理できるように研究・開発を進める。公共機関での災害・テロ対応など危機管理分野での利用を想定している。