日本IBM(大歳卓麻社長)は10月15日、既存のWebアプリケーションを組み合わせて自在に使える技術として注目を集めている「マッシュアップ」をテーマに、大学生、大学院生、専門学校生を対象としたコンテスト「Scholar Challenge 2007」を開催すると発表した。同日から専用のWebサイトで参加受付を開始。コンテストの期間は10月15日から11月27日まで。

 今回テーマとしたマッシュアップ技術を活用すると、複数のWebサイトのコンテンツを組み合わせて、新しいサービスを技術的に簡単に作り上げることができる。たとえば、地図情報を提供しているサイトと、ある製品を販売している販売店の住所情報を組み合わせて、地図上にその製品の写真を掲載し、消費者の視覚に訴えるWebサイトを技術的に構築することも可能。

 学生の柔軟なアイデアとマッシュアップの新たな可能性で企画を生みだす「アイデア・コンテスト」と、実際にマッシュアップを作成する「マッシュアップ・デザイン・コンテスト」を実施。審査では「アイデアの斬新性」に加え、「有用性」「実現性」「技術性」といったポイントを重視。

 デザイン・コンテストで利用するソフトウェアには、日本IBMのソフトウェア開発研究所が開発したマッシュアップ・ツールのベータ版を提供する。高度なプログラミング知識がなくても、オリジナルのWebアプリケーションを作成することができる。

 審査結果は、11月30日に日本IBMの幕張事業所(千葉市美浜区)で開催する学生をはじめとする学校関係者と日本IBMの若手エンジニアとの交流を図るイベント「IBM TechEx for Student 2007」で発表し、表彰式を行う。