新刊のタイトルは「落ちこぼれ万歳──自分を生きたアントレプレナー列伝」(明拓出版刊、1365円)。

 松下電器で技術・製品開発担当副社長を務め、MOT(技術経営)の第一人者と目される水野博之氏が、世界を代表するアントレプレナー(起業家)たちの生き様を紹介しながら、ビジネスマンが自分を生かす法を示唆する。

 本書に取り上げられている23人のアントレプレナーに共通しているのは、学業も学歴も人並み、あるいはそれ以下で、健康にも恵まれなかったこと。そんな彼らが、なぜ偉業を成し遂げ得たのかを明るいタッチで描いている。