日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一代表取締役 社長執行役員)とRSAセキュリティ(山野修社長)は12月18日、両社の製品を組み合わせ、Webサービスにおけるリスクを大幅に低減し、安全な認証を実現するソリューションの提供に向け、協業すると発表した。

 今回の協業により、両社は、複数のWebサービスの認証機能を統合し、ユーザーに認証の利便性と安全性を提供するWebシングルサインオン・ソリューション「HP IceWall SSO」を、RSAセキュリティのオンラインセキュリティ強化ソリューション「RSA Adaptive Authentication for Web」と組み合わせて提供する。同ソリューションは、単純な不正アクセスはもちろん、複雑な動作を伴うクラッキング・プログラムからの攻撃や偽装されたWebサイトを経由したアクセスなどの脅威を排除し、安全性の高いWebサービスの実装を可能とする。

 従来、「RSA Adaptive Authentication for Web」を用いてリスクベース認証システムを構築する場合、導入には個別のプログラム開発が必要だったが、両社の技術協力により、「HP IceWall SSO」とリスクベース認証機能との連携モジュールを開発した。これにより、「RSA Adaptive Authentication for Web」を「HP IceWall SSO」の一機能として扱うことができるため、個々のプログラムに認証機能を組み込む手間をかけずに、短期間・低コストでの導入が可能。

 両社は、これまでも「HP IceWall SSO」と「RSA SecurIDワンタイム・パスワード認証」との連携を行った実績がある。今回の協業により、さらに新しい認証方式であるリスクベース認証との連携を実現し、より強固な認証基盤ソリューションを提供する。