物産ネットワークス(羽鳥桂太郎社長)は12月19日、米Lancope社のネットワークの可視化機能を強化したネットワークトラフィック解析ソフト「StealthWatch System 5.7」を発売した。

 ネットワークの行動解析(NBA)技術を利用したネットワークの最適化とセキュリティを、一つのプロセスに合理化するソリューション。ネットワークトラフィックフローをリアルタイムに解析することで、ゼロデイアタックをはじめとしたさまざまな脅威の検知と防御が可能。さらに、ネットワークに潜在する脅威とその拡散リスクを軽減できる。

 今回の新版では、DHCPサーバー統合などのセキュリティ機能を新たに実装。また、QoSのレポートとトレンディングやドキュメントビルダーなどの管理機能も搭載した。