NEC(矢野薫社長)は、統合運用管理ソフト「WebSAM」とアイ・アイ・エム(IIM、河野知行社長)のセキュリティ監視ツール「PowerBroker」との連携ツールを開発し、6月13日からNECのWebサイトで提供開始する。

 「WebSAM」と「PowerBroker」の連携で、サーバへの不正アクセスを「WebSAM」で監視できるようにした。「PowerBroker」が収集する操作ログを「WebSAM SystemNavigator」が監視して不正アクセスを検出、運用者にその内容を通知する。

 NECとIIMは、製品連携だけでなく販売戦略面でも協業。共同プロモーションを展開し、販売活動を両社で加速させる。今後3年間で300システムの協業効果を見込んでいる。