ディアイティ(下村正洋社長)は、独X-Ways Software Technology(X-Ways)と販売代理店契約を締結し、X-Ways製コンピュータフォレンジックツール「X-Ways Forensics」を9月3日に発売する。

 「X-Ways Forensics」は、情報漏えいなどのセキュリティ関連事件・事故が発生した際、PCに接続されたHDDやUSBメモリを解析し、原因や不正行為の証拠となるデジタルデータを取得するツール。高機能バイナリエディタ「WinHEX」をベースにした解析・検索ソフトと、HDD複製用の「X-Ways Replica」、ブラウザの履歴解析「X-Ways Trace」を付属したパッケージとして提供する。

 情報収集から解析、報告書作成まで幅広いレベルの関係者が同じワークフローを共有することで効率的なフォレンジック作業を実現する。フォレンジックツールとしてだけでなく、IT統制のための監査、PCやサーバーの利用状況調査、システムバックアップ、障害復旧などにも利用できる。

 価格は1ライセンス38万円。初年度で300ライセンスの販売を目指す。なお、同社では、X-Waysの製品販売開始とともに、初級技術者向けのコースや捜査機関向けに実施してきたコースをもとに、上級技術者向けフォレンジックトレーニングを実施する計画。