日本SGI(佐藤年成社長)は、映像素材を多様なフォーマットに高速変換可能なアプライアンス製品「Rhozet(ロゼット)トランスコーダ」を発売する。

 TV番組やCM素材に代表される高解像度の映像素材データを高速に変換し、ウェブや携帯電話などの各種端末向けサービス用のデータとして、映像素材のマルチユース化を実現する。

 「Rhozet」は、MPEG、H.264、Flashなど多種多様な映像フォーマット、コーデックに対応している。複数の機器をグリッド化することで高速処理が可能になる。特定のフォルダを監視し、ファイルをフォルダに投入するだけで簡単にトランスコードを実行できる。また、マルチプロセッシングや複数サーバーでの分散処理などにより、トランスコード処理時間を軽減し、業務スピードを向上する。

 同社では、「Rhozetトランスコーダ」をサーバー製品とパッケージ化し、放送局やコンテンツ配信業者、ポストプロダクションに向けて販売していく計画。