クエスト・ソフトウェアは10月8日、WindowsだけでなくUNIX、Linuxに分散しているOracleデータベースの集中監視を可能にする「Quest Management Pack for Oracle(QMP for Oracle)」を発表した。

 「QMP for Oracle」は、運用担当者に対して、企業全体のOracleデータベースの可用性やパフォーマンスを監視する手段を提供するソリューション。Windowsに加えて、UNIXやLinuxのデータベースも監視対象とし、一元管理が可能。問題発生時にはアラートの生成とともに、対応策をまとめたナレッジベースを提供するため、問題の防止・解決方法を共有化でき、作業効率向上を図ることができる。

 同社では、「Microsoft System Center Operation Manager 2007(System Center)」のクロスプラットフォーム戦略をサポートしており、「QMP for Oracle」はその一環。今後もSystem Centerのクロスプラットフォーム戦略に関連する製品群を順次発表する予定。