京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、脆弱性管理サービスの最新版「SecureOWL(セキュアオウル)」Version2.0を10月15日に発売した。

 「SecureOWL」は、様々なサーバー・ネットワーク機器に対して手軽にネットワーク脆弱性診断を行えるDIY(Do It Yourself)型のASPサービス。同社のデータセンターに設置されたポータルサイト上で診断予約を行うことで、24時間365日いつでも、何度でも、診断を行える。診断結果は、ポータルサイトからWebブラウザで確認できる。

 最新版では、DIY型のローカル診断機能とCSVレポート出力機能を新たに追加。とくに、ローカル診断機能では、専用の診断装置をユーザーのイントラネット内に設置し、ローカルIPに対して脆弱性診断を実施する。この機能追加により、Webサーバーなどの公開サーバーだけでなく、外部に公開していないイントラネット環境にある様々な機器の脆弱性情報も継続的に管理することが可能となり、セキュリティレベルのさらなる向上を実現できる。

 サービス料金は、ローカル診断年間サービスが50IPで126万円、1000IPで252万円。追加診断装置年間レンタルが1台104万5800円。