NTTデータ(山下徹社長)は11月17日、沖電気工業(OKI、篠塚勝正社長)、富士通(野副州旦社長)と共同で「次世代ATMシステム」の検討・開発を開始したと発表した。09年度の完成を目指す。

 「次世代ATMシステム」は、金融機関がATMを顧客サービスの戦略拠点として活用できる新しい環境を、金融機関やATMベンダーの違いを意識しない共同利用型で構築するもの。金融機関では、既存のATM設備を生かし、ATMに関連するシステムコストを軽減させつつ、ATMを活用したさまざまなサービスを迅速・容易に提供することが可能になる。

 NTTデータでは「次世代ATMシステム」にはOKIと富士通が共同開発している次世代ATMソフトウェア「UNISONATM+(ユニゾンエーティーエムプラス)」を採用する。UNISONATM+は、ウェブアーキテクチャを採用したATMシステム向けソフトウェア。同製品の活用によりNTTデータの目指す「次世代ATMシステム」を高いレベルで迅速に提供することが可能となると判断した。