日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は、SaaS事業の企画、営業、システムインテグレーション、構築、運用保守を一貫して推進する新組織「SaaS事業推進センタ」を10月1日付けで発足し、次世代クラウドコンピューティングを統合した「ハイブリッドインテグレーション(Hybrid_SI)」を提供すると発表した。

 「ハイブリッドインテグレーション」は、Hybrid System Integrationの略で、オンプレミス開発とクラウドコンピューティングを統合するサービス名の造語。新組織の「SaaS事業推進センタ」では、これまで約1万社のITシステムを構築してきた実績とノウハウを活用し、従来型のオンプレミス開発と次世代クラウドコンピューティングの最適な組み合わせをシームレスに統合するサービスを「ハイブリッドインテグレーション」として提供していく。

 具体的には、仮想化技術を使った既存設備のインターナルクラウド、日立グループ内外のデータセンタを利用したプライベートクラウド、ビジネスプロセスのアウトソース対応、使用量課金によるSaaS型の提供などを取り揃えていき、これらを顧客にとって最適な形に組み合せることで、従来型の資産所有型ITシステムの利点と次世代クラウドコンピューティングの資産利用型ITシステムの利点との双方を生かしたITシステムを提供する。

 同社では、2013年には「ハイブリッドインテグレーション」事業全体で約100億円の売上を目標としている。