ゼットスケーラー(原田英昭社長)は、同社のSaaS型Webセキュリティサービスがチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェックポイント)の運営する「OPSECプログラム」に認定されたと発表した。

 今回の認定により、ゼットスケーラーのサービスを利用して、チェックポイントのセキュリティゲートウェイに、別レイヤーのプロテクションを追加することが可能になった。パフォーマンスの低下や運用負荷・コスト増大の原因となるプラグインを必要としない、省コストでのサービス提供を実現した。

 ゼットスケーラーでは、OPSECといったプログラムやパートナーシップを通じて、今後もセキュリティにおける新しい基準を作り続けていく考え。