クエスト・ソフトウェア(山岡英明社長)は12月2日、国内初となる「SQL Optimizer for Oracle」を12月1日に発売したと発表した。税別価格は、1シート32万4000円。

 「SQL Optimizer for Oracle」は、データベースのライフサイクルを通してOracleデータベースのSQL文のパフォーマンス最適化を支援するツール。開発段階から潜在的なSQL文の問題を洗い出し、最適なSQL文に変換するプロセスを自動化する。また、運用時には、新規インデックスの追加によるSQL文への影響分析を行う機能によって、実装前にパフォーマンス劣化のリスクを軽減することできる。

 これまでデータベース専門家が行っていたSQLチューニングを、同ツールを導入することでプロセスの形式化とともに、作業時間の短縮を実現。さらに、経験の浅いエンジニアや、データベースを専門としない開発者でも高性能なデータベース開発が可能となる。