バックボーン・ソフトウエア(バックボーン、大越大造代表取締役)は、リアルタイム・データ保護・ソリューションの最新バージョン「NetVault FASTRecover 4.0」を1月27日に発売したと発表した。

 「NetVault FASTRecover(NVFR)」は、ディスクベースのリアルタイム・データ保護・ソリューションで、Windowsファイルサーバー、Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Serverのデータ保護に対応している。最新バージョンでは、新しい分散アーキテクチャにより、既存のシステム環境にNVFRを導入するだけで、WANを介して複数のリモートオフィスや支店のデータ保護がシームレスに行えるようになった。

 分散しているアプリケーションに可用性を提供することで、万が一災害が起きても、ローカル・サイトもリモート・サイトも、データを常に安全でアクセス可能な状態にしておくことが可能となる。

 税別価格は、最小構成で48万円(初年度保守費用込み)から。なお、45日間無償で試用できる評価版を同社ホームページで提供している。