アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は2月23日、Microsoft Windows 7に対応したセキュリティUSBメモリ作成ソフトの新版「InterSafe SecureDevice v1.0 SP1」を2月24日に発売すると発表した。

 「InterSafe SecureDevice」は、USBメモリを使用したデータの持ち出しを安全に行うために、情報漏えいやウイルス感染を防止するソフトウェア。汎用USBメモリの暗号化や、PCへのアクセス権限の設定・変更を業界で初めて実現した。USBメモリを新たに購入する必要がないため、導入コストの削減に加え、既存USBメモリの破棄を抑止するなどエコにも配慮した製品となっている。

 今回の新版では、Microsoft Windows 7に対応するとともに、管理画面のユーザビリティを向上。管理者権限の詳細設定において、複数管理者設定を強化し、上位管理者とグループ管理者の管理機能を分類した。また、常に最新のログを蓄積できる取得方式を用途に応じて選択できるようにした。

 さらに、UAC(User Account Control)に対応し、ドライバソフト不要による製品導入負荷の軽減を図るとともに、ユーザー側の誤操作を防止する。このほか、「DocumentSecurity WorkFlow」との連携に対応し、外部デバイス書き出し対象メディアに「InterSafe SecureDevice」を指定可能となった。

 税別価格は、一般ライセンスの基本パック(管理ソフト+5ライセンス)が3万8000円から、アカデミックライセンスの基本パックが3万円から。