SAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)は、4月12日、同社のパートナー企業による中堅企業向けERPの短期間・低コスト導入プログラム「SAP Business All-in-One fast-start program」を強化すると発表した。キヤノンITソリューションズ、テクノスジャパン、日本ソフトウエア、日本ビジネスコンピューターの4社と共同で展開する。

 サービスや商社・卸、製造業界の中堅企業を対象に、短期間・低コストでERP導入を可能にするプログラム。システム構成のシミュレーションをWeb上で実施するツール「オンライン・ソリューション・コンフィギュレーター」を用い、導入にかかる費用をその場で試算できる。

 プログラムによるソリューションは、これまで同社が中心となり提供してきた。今回は、パートナー企業ごとの固定価格モデル(2500万円~)を採用。パートナー企業は、カスタマイズを施したソリューションを「オンライン・ソリューション・コンフィギュレーター」に組み込み、ユーザー企業に提供できる。

 同社は、2010年に15社のプログラム参画を目標としている。