ニュース

富士通、独SAPと協業範囲拡大、BIツールのSaaS型サービスを提供

2010/04/05 10:12

 富士通(山本正己社長)は、独SAPのBI(ビジネス・インテリジェンス)ツール「SAP BusinessObjects」ブランドのSaaS型情報分析サービス「SAP BusinessObjects OnDemand」の日本語版を独SAPと共同開発。4月5日、富士通のクラウド環境から日本市場に販売することで合意した。

 「SAP BusinessObjects BI OnDemand」は、さまざまなシステムに点在する経営情報を収集・分析、共有することで、経営の「見える化」を支援するサービス。SaaS型で、2006年に販売を開始し、世界に26万人のユーザーがいる。機能の一つである「データマッシュアップ」を使えば、個々に構築した業務システムから収集した会計・受注データを、一つの業務データのようにPC画面上で閲覧し、経営分析やレポート作成ができる。

 SaaS型サービスなので、ユーザーは自前でシステムを構築しなくても、インターネット経由で利用でき、ユーザーの既存クラウド・システムや外部データ、他社SaaSとの連携などが容易。また、瞬時に検索・分析が可能な「SAP BusinessObjects Explorer」の機能を標準搭載している。

 両社はグローバルパートナーとして、グローバルなERP分野で協業を進めてきたが、今回、BIについても強固な連携を結び、協業範囲を拡大した。
  • 1

関連記事

NTTデータとマイクロソフト、DWH・BI分野で協業強化、技術検証ファクトリー開設

富士通、FJBに中堅市場向けビジネス機能を集約、10月には新会社を立ち上げ

SAPジャパンとNTTデータ、ERPとバンキングサービスの相互接続で合意

富士通のSaaS型「安否確認」、立教大学で運用開始

富士通、FJBに中堅市場向けビジネス機能を集約、10月には新会社を立ち上げ

外部リンク

富士通=http://jp.fujitsu.com/

SAPジャパン=http://www.sap.com/japan/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>