ユニファイ・リサーチなど13社と2大学の研究者は、4月19日、タッチパネルによる手描き入力技術を用いた新しいコンテンツやサービスの開発・普及を目指す団体「手描きコンソーシアム」を設立した。

 手描き技術の分野で、新事業開発を目指す各種機器やソフト、コンテンツ、インテグレーション、メディア、サービスの各事業者と、大学の研究者が会員になって発足した。具体的な活動として、手描きに関するセミナーやシンポジウム、ワークショップ、交流会、ビジネス・マッチング、分科会の運営、宣伝活動を展開する。

 現在の会員は、民間企業は学研パブリッシング、シャープ、ゼンリン、デジタルハリウッド、日本テレビサービス、ロケーション、ウィルコム、ブイキューブ、グローバルエンジニアリング、BOOST、スマートジャパン、イートライジャパン、ユニファイ・リサーチの13社。学術会員として、東京大学と早稲田大学の研究者が参加している。運営事務局はユニファイ・リサーチに置く。今後、手描きサービスの市場浸透にあわせて、1年後には会員を30-50社に拡大する予定。

 現在、iPhoneをはじめとしたスマートフォンやKindle、iPadなどの電子書籍など、さまざまなモバイル端末がタッチパネルを搭載している。この流れを受けて、「手描きコンソーシアム」は、日本の企業がグローバルで手描き分野の先駆者となることを目指す。同時に、日本ならではの「手描き文化」を発信し、世界市場で競争力のあるビジネスを創出する。

手描きコンソーシアムのホームページ