ニュース

ジェイズ、オールインワンエンドポイントアプライアンスの小規模向けモデル

2010/05/31 10:13

 ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、米Trustwave Holdingsのオールインワンエンドポイントセキュリティアプライアンス「MAX-100」と「MAX-250」を、6月1日に販売開始する。

 今回の新製品「MAX-100」は、100エンドポイント以下の環境に「MAX-500」と変わらないセキュリティを提供する小規模向けモデル。一方、「MAX-250」は250エンドポイント以下を対象とする製品。いずれも機能は同じで、性能やハードウエアの違いによって「MAX-500」を含む3モデルから選ぶことが可能となる。

 税別価格は、「MAX-100」が99万8000円、「MAX-250」が170万円。

 同社では、エンドポイントセンサ機能とマネジメント機能、ACM(Advanced Compliance Module)機能を1つにしたオールインワンアプライアンスとして、500エンドポイント未満を対象する「MAX-500」を09年7月から販売している。
  • 1

関連記事

ジェイズ、セキュリティアプライアンスの特別価格キャンペーン

ジェイズ・コミュニケーション、レイヤ3 Ethernetスイッチの新ライン

ジェイズ・コミュニケーション、芝通の大阪事業所を事業譲受

ジェイズ・コミュニケーション 創立15周年でチャネル重視を再確認 メーカー、販社ら250人が参加

ジェイズ、エンドポイントセキュリティシステムの上位モデル2機種

外部リンク

ジェイズ・コミュニケーション=http://jscom.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>