ニュース

ジェイズ・コミュニケーション、芝通の大阪事業所を事業譲受

2010/01/12 10:08

 ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、芝通(志田正社長兼COO)の大阪事業所を2月1日付で譲り受けると発表した。

 今回の芝通大阪事業所の事業譲受は、ジェイズ・コミュニケーション大阪本社の業容拡大とクラウドコンピューティング・仮想サーバーに関する各種技術の強化を目的としたもの。ジェイズ・コミュニケーションは、ネットワークセキュリティビジネスに特化した企業で、Juniper Networks、Cisco Systems(旧IronPort Systems)、Trustwave(旧Mirage Networks)製品などのディストリビューション事業、インテグレーション事業、サービス事業を展開している。

 一方、芝通は、アプリケーション受託開発、システム基盤のコンサルティング・設計・運用・保守などを展開するほか、ネットワーク設計・構築・運用・保守、組込系ソフトウェアの受託開発、情報セキュリティの提案などで実績をもっている。
  • 1

関連記事

ジェイズ・コミュニケーション 創立15周年でチャネル重視を再確認 メーカー、販社ら250人が参加

ジェイズ、エンドポイントセキュリティシステムの上位モデル2機種

ジェイズ、SOHO・小規模拠点向けサービスゲートウェイのエントリーモデル

外部リンク

ジェイズ・コミュニケーション=http://jscom.jp/

芝通=http://www.shibatsu.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>