米アドビシステムズは、出版業者向けの最新デジタル閲覧技術を発表した。メディア企業である米Conde Nastの『WIRED』誌の協力のもと開発した。

 『WIRED』は、このほどiPad向けのデジタル版『WIRED Reader』の第1号を発売したばかり。6月号のReaderアプリケーションは、アドビシステムズのデジタル閲覧ソフトウェアを用いて開発。App Storeを通じて提供している。

 読者は、動画コンテンツやスライドショー、360度の立体コンテンツを閲覧したり、好みに合わせてデバイスを縦横にしたりして閲覧できる。雑誌の内容をひと目で確認できるズームアウト閲覧モードなど、タッチジェスチャー機能を利用して、コンテンツが楽しめる。

 『WIRED Reader』は、App Storeから600円でダウンロードできる。