アイ・ヴォヤージュ(IVC、籠倉伸介代表取締役)は、落札情報検索・通知サービス「GovNavi(ガバナビ)」のサービスと機能を大幅に拡張し、6月1日から提供開始した。

 「GovNavi」は、中央省庁や独立行政法人、地方自治体などのWeb上に掲載されている調達情報を自動で検索し、メールで通知するサービス。今回の機能拡張では、政府調達落札情報の掲載を開始した。これにより、官報に掲載されている政府調達案件(1996年以降)の落札情報検索が可能となった。外出先でも検索やPDFの閲覧ができるように、iPhone標準のWebブラウザ(Safari)用に最適化した検索画面を用意した。

 情報収集機関は2000機関を超え、情報量も50万件を突破した。自治体調達情報の収集機関についても、首都圏1都6県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)、大阪府、愛知県、新潟県に拡大している。あわせて、専用Webサイトもリニューアルを行い、より使いやすくなった。

 利用料金は、月額プランが1万9800円、年間プランが19万8000円。1プランで最大5ID(5メールアドレス)まで登録できる。