ネットワーク技術を応用してプライベート・クラウドを構築する動きが活発化している。大手SIerの京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、MVNO(仮想移動体通信事業者)のノウハウを駆使。大塚商会はKDDIの広域仮想スイッチ技術を採用したプライベート・クラウドの構築に乗り出す。クラウド構築は、これまでデータセンター(DC)などのサーバー仮想化技術などに注目が集まりがちだったが、ネットワークにもクラウド需要の波が押し寄せている。