エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は6月9日、インテルAtomプロセッサ上で動作するアプリケーションを開発/最適化するための開発ツール「インテル Atomプロセッサー向け インテル エンベデッド・ソフトウェア開発ツール・スイート2.2」と、「インテル Atomプロセッサー向け インテル アプリケーション・ソフトウェア開発ツール・スイート2.2」を発売した。

 新製品は、インテルAtomプロセッサ向けにモバイル・インターネット・デバイス(MID)、組み込み機器、ネットブックなどのソフトウェアを開発/最適化するためのツールセット。Linuxベースのアプリケーション開発プロセスの生産性を高めるために、インテルAtomプロセッサ向けソフトウェア開発のすべての工程をサポートする。バージョン2.2では、MeeGoやインテルAtomプロセッサ N4xx/Z6xxシリーズなどの最新環境に対応している。

 価格は、「インテル Atomプロセッサー向け インテル エンベデッド・ソフトウェア開発ツール・スイート2.2」が28万5390円、「インテル Atomプロセッサー向け インテル アプリケーション・ソフトウェア開発ツール・スイート2.2」が8万5470円。