ディアイティ(下村正洋社長)は9月14日、米サイバーアーク ソフトウェアの特権ID管理ソリューション「PIM (Privileged Identity Management) Enterprise Suite」を9月20日から販売開始すると発表した。

 「PIM Enterprise Suite」は、既存のネットワークを変更することなく、ネットワークを構成するすべてのサーバー、ルータ、アプリケーションなどの特権IDを集中管理するソリューション。また、特権IDを利用したユーザーの特定、その作業内容の記録保全、リプレイまでに対応し、J-SOXなどの内部統制、PCI DSSなどのセキュリティ基準の遵守を確実にするとともに、すべての監査要求に対応した内部脅威対策を可能にする。

 企業ポリシーに沿った特権アカウント情報についてWebポータルサイトを利用して管理する「Enterprise Password Vault (EPV)」と、これと連携してスクリプトやアプリケーションにハードコーディングされた認証情報の代わりとなるセキュアな認証を提供する「Application Identity Manager (AIM)」、特権IDの作業内容の監視、監査のための「Privileged Session Manager (PSM)」、UNIX環境で特権IDの利用できるコマンドの制御と監査のための「On-Demand Privileges Manager (OPM)」で構成される。

 すべての情報は、「Enterprise Password Vault (EPV)」内の、特許技術Digital Vaultを利用したVault Serverでセキュアに集中管理される。企業のニーズに合わせて、システムへ順次拡張も可能となっている。

 税別価格は、PIM Serverパッケージ(スターターパック)が257万円から。同社では、官公庁、金融機関、一般企業をターゲットに初年度2億円の販売を見込んでいる。