キングソフト(翁永飆、沈海寅社長)は、9月28日、日本電子計算機(JECC)が展開するPCレンタルサービスに、統合オフィスソフト「KINGSOFT Office 2010 フォント同梱版」のライセンス提供を開始した。価格は1台あたり1か月500円。

 急なイベントやプロジェクトの立ち上げなどでレンタルPCを利用する法人・団体ユーザーが、期間や使用台数などを柔軟に選んで、オフィスソフトを利用できる。

 「KINGSOFT Office 2010 フォント同梱版」は、Microsoft Office 2003との高い互換性をもつ統合オフィスソフト。PDF出力やタブ表示、自動アップデートなどの独自機能に加え、新たに日本語フォント29種類を追加した。