ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、10月15日、米ForeScout Technologiesの検疫・IPSアプライアンス製品の新版「CounterACT Ver.6.3.4」を11月15日に発売すると発表した。

 「CounterACT」は、ネットワーク感染型のウイルス・ワームや、持ち込み端末の不正接続などのリスクから企業・組織の内部ネットワークを守るために、セキュリティポリシーチェックや修正を行うアプライアンス型の検疫システム。一般的な検疫システムとは異なり、専用エージェントソフトが必要ないので、簡単に導入できる。

 今回の新版では、ネットワーク機器の識別機能を強化し、PC、プリンタ、ネットワーク機器だけでなく、iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンも含めた様々なデバイスの識別が可能となった。PC以外のデバイスに対して、指定サーバーへの通信のみを許可して、それ以外はブロックするといった細かい通信制御ができるほか、任意のウェブメッセージの表示や、ネットワーク利用申請フローに導くこともできる。あらかじめ登録したスマートフォンであれば、MACアドレスリストを元に通信を許可するなど、柔軟な制御も可能となっている。

 税別価格は275万円から。出荷開始は12月の予定。これまでのユーザーには、バージョンアップファイルを提供する。

「CounterACT」によるスマートフォンの検知画面