アイティフォーは、10月29日、鹿児島県・奄美大島を中心とした豪雨による災害(水没・冠水)で被った記憶装置のデータ復旧に際して、「災害地・無償サービス」を実施すると発表した。

 「災害地・無償サービス」の対象媒体は、ハードディスク(HDD)、シリコン系メディア各種(USBフラッシュメモリ、SDカード、xDピクチャーカード、メモリースティック、マルチメディアカード、スマートメディア、コンパクトフラッシュなど)のデジカメ用デバイス。奄美大島の豪雨災害でパソコンが動かなくなり、データ復旧が必要となったユーザーのデータ復旧に限り、無償で作業に対応する。

 期間は、10月29日から12月24日まで。