BCN(奥田喜久男社長)は、12月9日、シスコシステムズ/ジェイズ・コミュニケーション、ブルーコートシステムズ、マカフィーとの共催で、SIer向けの「ウェブセキュリティ対策市場攻略セミナーVol.1」を開催した。


 「市場は飽和していない!  旬のウェブセキュリティ対策商材が勢揃い!!」と題したセミナーでは、まず、調査会社ガートナー ジャパンのリサーチ部門セキュリティ担当の石橋正彦リサーチディレクターが「今後期待されるセキュアウェブゲートウェイ」をテーマに講演。セキュアウェブゲートウェイの定義と変遷、また中堅中小企業におけるセキュリティ対策の実態とともに、各社製品の特徴を紹介した。
 

ガートナージャパンの石橋正彦リサーチディレクター

 石橋ディレクターは、URLフィルタリングやアンチウイルス製品など、これまでの対策には限界があると指摘。URLフィルタリングをさらに強化し、海外のURLの安全性もチェックできるセキュアウェブゲートウェイの必要性を強調した。「セキュアウェブゲートウェイは、まだ生まれたばかりの製品だ。多くのユーザー企業が海外に進出しているいま、海外サイトの対策も万全にしなければならない」と、SIerのビジネスチャンスに言及した。

 この後、シスコシステムズの小林秀行シニアシステムエンジニアが、企業のネットワーク技術の変遷とインターネット上の脅威を説明。シスコの実現する新しいウェブセキュリティを紹介した。

 モバイルデバイスやSaaSなどを活用して、いつでもどこでも企業のリソースにアクセスできる「ボーダレスネットワーク」が実現しつつある。小林氏は「従来のセキュリティ対策では、企業のリソースを守りきれない。新しいセキュリティ対策を打つ必要がある」と強調。セキュアウェブゲートウェイ「Cisco IronPort WSA」やVPNクライアント「Cisco AnyConnect」、ファイアーウォール「Cisco ASA」などによって、安全なインターネット環境を実現する「セキュアボーダレスネットワーク」を紹介。あわせて、シスコシステムズの販売代理店であるジェイズ・コミュニケーションの内藤光氏が、「Cisco IronPort WSA」のデモンストレーションを行った。
 

ジェイズ・コミュニケーションの内藤光氏

 続いて、ブルーコートシステムズの水品巧シニアチャネルシステムズエンジニアが、ウェブの進化に伴う課題を「セキュリティ機能を追加すると通信が重くなる。セキュリティを強化するとともに、ウェブ化が進んでいる業務アプリケーションの利便性を高めなければならない」と説明。解決策として、同社のセキュアウェブゲートウェイ「Blue Coat ProxySG/AV」で提供しているクラウド型の防御システム「Blue Coat WebPulse」と、帯域制御技術によって利便性を高めるセキュリティを紹介した。また、販売代理店でどのようにウェブセキュリティ製品を提案しているか、導入事例を紹介した。
 

ブルーコートシステムズの水品巧シニアチャネルシステムズエンジニア

 マカフィーSE本部パートナーSEの中山幹夫エンジニアが、ぜい弱性を突く攻撃として代表的な「ガンブラー」に焦点を当て、セキュアウェブゲートウェイを活用した具体的な防御対策を話した。ガンブラーはアクセスするたびにかたちを変え、亜種が次々に生まれ、対策が難しくなっているという。中山氏は「『McAfee Web Gateway』は、感染ステップに応じた多段階の防御を実現する」と導入メリットを強調。各ステップの詳細機能を説明した。同時に、マカフィーのパートナープログラムの紹介を行った。
 

マカフィーの中山幹夫エンジニア

 後半では週刊BCNの谷畑良胤編集長がモデレータとなり、各セッションで講演を行った方々と、週刊BCN木村剛士副編集長によるパネルディスカッション。ウェブセキュリティ対策の実態と潜在需要について、活発な議論が交わされた。(鍋島蓉子)
 

パネルディスカッションではビジネスチャンスやユーザーの実態を議論