ノベル(徳永信二社長)とBCNは、3月17日、システムインテグレータ(SIer)やITサービスベンダー向けに「仮想化市場攻略セミナー Vol.1」を共催した。「次に来る仮想化ソリューション」をコンセプトに、調査会社のアナリストが市場を解説。また、有力仮想化ベンダーが、ITベンダーのビジネス拡大に貢献するソリューションを説明した。会場には100人を超えるIT業界関係者が集まった。

 冒頭の基調講演で、IDC Japanの入谷光浩・ソフトウェア&セキュリティマーケットアナリストは、仮想化市場の動向と今後需要が強まるソリューション分野を概観。IDC Japanによると、2009年の国内IT市場全体は前年比8%減の11兆7389億円、今年度は09年比べほぼ同じ規模で、「成長は見込めない」と予測する。しかし、仮想化関連製品・サービスは中期的に伸びる分野で、「仮想化を目的として出荷されたサーバーは、08年は6万5000台で全体の11%だが、13年には14万台まで増え、全体の23%を占めるまでになる」と予測した。

仮想化市場の今と将来を解説するIDC Japanの入谷光浩アナリスト

 そのうえで、今後生まれる主なビジネスチャンスとして、「仮想化システムの運用管理」を挙げた。「仮想化システムの構築案件も引き続き伸びるが、ユーザーは運用管理に悩みを抱えている。障害発生時の対応や、バックアップ、リソース管理が主な課題だという調査結果が出ている。これらの対策局面に、SIerやITサービス企業のチャンスがある」と説明した。同社によれば、08年から13年までの仮想環境管理ソリューション市場の年平均成長率は28%という。

 次に、ノベルの鈴木広紀・営業本部SEグループマネージャーが「顧客の心を動かす仮想化ソリューション」をテーマに講演。鈴木マネージャーは、「顧客のシステムに合わせてジャストサイズの構成を作るのが、仮想システムへの移行提案では重要なポイント。ただ、実際に顧客のシステムを分析し、適切な構成をつくるには、膨大な手間がかかる。ツールで自動化するのが最適」と説明。そのうえで、ノベルが今、販売に力を注ぐ「PlateSpinシリーズ」を紹介した。

 「『PlateSpinシリーズ』は、現状把握と移行のプランニングの支援ツールとして『Recon』を用意し、移行作業のサポートとして『Migrate』というソフトウェアがある。このほかにも運用管理や自動化、バックアップなど、仮想システムの構築・運用を支援する総合的なメニューがある」とPRした。

仮想システムの移行・運用支援の「PlateSpinシリーズ」の優位性を説明するノベルの鈴木広紀マネージャー

 最後のセッションに登場したヴイエムウェアの服部寿明・シニアシステムエンジニアは、クラウド戦略を説明した。「仮想システムからクラウド基盤に移行したい、というユーザーのニーズは非常に強い。プライベートとパブリックに大別されるが、今後はそのどちらも組み合わせたハイブリッド型クラウドが重要になる」と説明した。

ハイブリッド型クラウドの重要性を語るヴイエムウェアの服部寿明・シニアシステムエンジニア

 セミナーには110人のIT業界関係者が集い、業界関係者の仮想化関連ソリューションに対す関心の高さを改めて印象づけた。