日本電気(NEC、遠藤信博社長)と米ノベル(ロナルド・ホブセピアン社長)は、12月15日、NECの高可用性クラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X 3.0」が、日本などのグローバル市場でノベルのサーバー「SUSE Linux Enterprise Server 11」の認証「Novell Ready」を取得したと発表した。

 NECは、認証の取得によって高度なミッションクリティカル性をもつSUSE Linux Enterprise Server 11の環境で、HAクラスタリングによる高可用な業務継続を実現する。今後、ノベルと協力し、ミッションクリティカルシステムへのLinuxの適合性を高めていく。

 CLUSTERPROは、障害検出時に業務やアプリケーションをフェイルオーバーする機能などを備え、ミッションクリティカルな業務継続をサポートするソフト。オペレーティングシステムのSUSE Linux Enterprise Serverは、高い信頼性をもち、拡張性、堅牢性にすぐれており、ミッションクリティカルな業務を遂行する物理/仮想の環境に対応する。(ゼンフ ミシャ)