日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、マイクロソフトのERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」を導入する企業あるいは導入を支援するSI企業向けに、同パッケージの機能強化・拡張を短期間・低コストで実現できるプログラム集「アドオンライブラリ for Microsoft Dynamics AX」を、2011年1月11日に提供開始した。

 「アドオンライブラリ for Microsoft Dynamics AX」は、Dynamics AXの機能強化・拡張をするなかで業態・業務を問わない汎用的な機能に着目し、マスターの一括取込機能、伝票の一括取込機能、レイアウトを整理した印刷帳票を中心に20種類以上のプログラムを揃えている。提供形態も、単品の機能からフルセットまで柔軟に対応し、特定環境下での動作検証やユーザー環境へのインストールサービスも合わせて提供することができる。

 各プログラムのカスタマイズにも対応するため、Dynamics AXをユーザーの業務環境に最適化できる。これに合わせて、組立製造業向けテンプレートの活用による導入支援サービスや、「SAP ERP」とのデータ連携ソリューションなどを用意している。

 日立情報では、同アドオンライブラリを含めたDynamics AX関連ソリューション全体で、15年度までに10億円の売り上げを目標としている。