NTTドコモ(山田隆持社長)と中国の通信事業者チャイナモバイル(王建宙社長)、韓国の通信事業者KT(リ・ソクチェCEO)は、3社による事業協力関係の構築に合意し、1月18日に契約を締結した。

 3社は日中韓協力委員会を設立。グローバル化やスマートフォンの台頭など、ビジネス環境の変化を踏まえ、ネットワーク技術やプラットフォームの連携などについて事業協力の検討を行う。

 具体的には、国際ローミング、法人サービス、LTEなどのネットワーク技術、スマートフォン、サービスプラットフォームの共通化など、幅広い分野で協力関係を構築する。(鍋島蓉子)