マイクロソフト(樋口泰行社長)とNEC(遠藤信博社長)、NECネッツエスアイ(山本正彦社長)の3社は1月26日、マイクロソフトの品川新社屋向けに、マイクロソフトの最新テクノロジーを活用した来客管理システムを共同開発したと発表した。

 新来客管理システムでは、Exchange Server 2010、SharePoint Server 2010、Lync 2010、SQL Server 2008 R2などのマイクロソフト製品の最新バージョンをフル活用。NECグループのSI開発能力、来客・ファシリティ管理のノウハウと、マイクロソフトの業務プロセス管理ノウハウを融合。来訪者にとって簡便でストレスレス、そして対応者にとっては、来訪者情報を生かしたシームレスな対応を実現するほか、業務効率やセキュリティ向上も図っている。同システムは既存のマイクロソフト社内のグローバルデータセンターとの連携、統合も実現している。

 今後、NECおよびNECネッツエスアイでは、今回の導入システムに加え、従業員の入退出・勤務管理機能、ビル管理システムとの連携機能やMicrosoft Online Servicesとの連携機能などを拡張、汎用化し、ソリューションパッケージとして4月から販売していく予定。また、日本国内での販売モデルをベースに、グローバルにも展開していく考え。