KDDI(田中孝司社長)は、Android搭載スマートフォンの法人向け展開を目指して、端末メーカーやセキュリティベンダーとの連携を強化している。

 韓国の端末メーカー、パンテックとのパートナーシップを強め、2010年12月にauから発売したスマートフォン「SIRIUSα IS06」を、法人向けにも発売する。パンテック・ワイヤレス・ジャパンの金栄日社長は、「今年の前半を目指し、なるべく早く法人向け展開を開始したい」という。

 また、セキュリティベンダーと連携して、2月中旬に、法人利用に最適化したAndroid端末向けセキュリティサービスを開始する。6月には第二弾の投入を予定している。

 KDDIソリューション事業企画本部サービス企画部の三澤健一課長は、「当社は、コンシューマ分野ではAndroid端末を投入するのが遅れた経験に学んで、パートナーとの強い連携を武器に、いち早く法人向け展開を本格化させていきたい」と語る。(ゼンフ ミシャ)