ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、オーイーシー(OEC、森秀文社長)が大分県内の自治体や民間企業などに向け、3月に提供開始を予定しているクラウドサービス「豊の国IaaS」の基盤として、仮想化・クラウド基盤パッケージ「Vblock 1」を受注したと発表した。

 今回、「豊の国IaaS」の基盤構築に際して、OECから「仮想化したシステム間でのセキュリティの確保」「将来的な拡張要求に対して柔軟にハードウェアの増設が可能」「季節性需要や制度新設時などの一時的な需要への柔軟なリソース割り当てが可能」「各種サービスごとのマネジメントの簡素化、かつプロビジョニングの柔軟性の確保」といった要件が挙げられたという。

 ネットワンシステムズは、これらの要件を満たすプラットフォームとして「Vblock 1」を提案した。「Vblock」は、「Virtual Computing Environment(VCE連合)」を構成するEMC、シスコ、ヴイエムウェアの3社が提供する仮想化・クラウド基盤パッケージ。「Vblock 1」は、中規模な仮想環境を集約する統合基盤パッケージで、シスコの「Unified Computing System」「Nexus 1000v」「MDS」、EMCのユニファイド・ストレージ「Celerra」、ヴイエムウェアの「VMware vSphere 4」、各社の管理ソフトウェアで構成されている。

 また、「豊の国IaaS」は、大分県情報ハイウェイである豊の国ハイパーネットワークを利用する予定で、ネットワンシステムズは、セキュアで利用しやすい接続ポリシーについても最適な接続構成を提案した。

 今後のOECのクラウドサービスの運用管理については、ネットワンシステムズのグループ会社であり、先進的なクラウドサービス事業を運営しているエクシードのノウハウを提供することで支援していく。