日立ソリューションズ(林雅博社長)は、碧海信用金庫(増田昌史理事長)の相続業務支援システムを構築した。

 碧海信用金庫では、営業店からの本部への相続業務に関する問い合わせが集中し、その対応に苦慮していた。そこで、営業店職員のスキル向上や顧客からの苦情発生の抑止・顧客満足度向上を実現するために、取引情報と連携したナビゲーション機能や、今後のシステムの拡張性などを評価し、日立ソリューションズが提案する相続業務支援システムを採用した。システムは今年1月に運用を開始し、顧客サービス向上や業務効率化を実現している。

 運用を開始した相続業務支援システムは、必要な事務作業や顧客から提出される書類(徴求書類)の種類などをナビゲーションする機能を使用することで、誰でも適切かつスムーズな顧客対応が可能となった。また、取扱い件数の少ない相続業務の対応状況を事例として蓄積し、全店で共有化できるナレッジマネジメントも推進している。

 日立ソリューションズは、今後も碧海信用金庫に事務効率化に向けたシステム拡張や、適切なソリューションを提供し、同金庫の「地域のファースト・コール・バンク~ もっとも身近で、もっとも頼りになる信用金庫~」をスローガンとした顧客サービス向上や業務標準化・効率化の課題解決を支援していく。