野村総合研究所(NRI)グループで、ナビゲーションサービス「全力案内!ナビ」を運営するユビークリンク(増田有孝社長)は、Androidスマートフォン向け無料アプリ「通れた道路」の提供を、3月19日に開始した。東日本大震災の被災地域とその周辺の物流・移動の円滑化を目的とする。

 「通れた道路」は、ユビークリンクの「全力案内!ナビ」と、トヨタ自動車と共同運営するナビゲーションサービス「G-BOOK 全力案内ナビ」に、今回サービスを始めた「通れた道路」の走行軌跡データを集約して生成した走行可能道路情報を表示する。3月12日以降に累積した走行実績に基づいて毎日更新しており、アプリをインストールしたAndroidスマートフォンのほか、パソコンでも閲覧できる。

 ダウンロードURLは、https://market.android.com/search?q=%E9%80%9A%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%81%93%E8%B7%AF
 または、AndroidMarket -> 「通れた道路」を検索

「通れた道路」閲覧画面(パソコン版イメージ)

 具体的には、自車位置を表示する地図を立ち上げて走行することにより、利用者のGPS位置データを自動的に送信する。本アプリから送信された走行軌跡データは、通れた道路情報の生成に活用される。無料アプリ「通れた道路」は、今後、iPhone向けにも提供することを予定している。

Androidアプリ「通れた道路」操作画面イメージ

 ユビークリンクでは、被災地における道路情報の提供を通じて、「円滑な物流・移動を支援し、被災者の支援、ならびに被災地の復興に貢献していきたい」としている。