インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、4月12日、メガネ専門店「メガネの三城」「パリミキ」を展開する三城ホールディングス(三城)の国内約1000店舗にiPadを納入したと発表した。

 IIJは、iPadとともに、高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」とモバイルアクセスルータ「クティオ」を納入。店舗内の無線LAN環境を構築し、iPadでデータ通信ができるようにした。また、スマート機器を遠隔管理する「IIJ Smart Mobile Manager」を提供し、iPadを遠隔から管理する仕組みも構築。1月から順次各店舗に納入している。

 三城は、若年層の顧客を取り込むための施策として、iPadなどのスマート機器を活用した新たなアプリケーションと、コンテンツの開発を独自に行っていた。そのなかで、顧客の顔写真やイラストとフレームの画像を合わせ、仮想的にメガネを試着するアプリケーションを開発。アプリケーションを操作して、画像を表示する端末としてiPadを採用した。(木村剛士)