東芝は、4月13日、想定外の機器に接続されると記録データを瞬時に無効化する機能を搭載した2.5型HDDを世界で初めて製品化し、6月下旬に量産を開始すると発表した。

瞬間データ無効化技術搭載2.5型HDD「MK6461GSYG」

 瞬間データ無効化技術を搭載したHDDは、640GB(MK6461GSYG)/500GB(MK5061GSYG)/320GB(MK3261GSYG)/250GB(MK2561GSYG)/160GB(MK1661GSYG)の5機種。回転数は7200rpm。サイズは幅69.85×奥行き100.0m×高さ9.5mm。4月下旬にサンプル出荷を開始する。

 HDDには、電源供給が遮断されるとデータを瞬時に解読不能にする独自の技術をベースに、より汎用性をもたせたセキュリティ機能を搭載。HDDを搭載するデジタル複合機やPOSシステム、PCなどの機器と認証を行い、あらかじめ決められた機器以外のシステムからアクセスされた場合には、自動でデータを無効化する。搭載機器からの指示でデータを無効化する暗号化機能搭載HDDと異なり、搭載機器からの指示がなくても自動的にデータを無効化するので、HDD盗難に対しても有効だ。

 新技術を使用した「想定外の機器に接続されたときにデータを無効化するモード」のほか、「搭載機器からの指示でデータを無効化するモード」「電源供給が遮断されたときにデータを無効化するモード」を用意し、用途に応じてモードを設定できる。さらに、それぞれのモードで「無効化するエリア」と「無効化せずに暗号化状態で保存するエリア」を設定でき、これらの設定をHDD上のエリアごとに組み込むことで、装置に適した情報漏えい防止を図ることができる。

 東芝では、デジタル複合機、POSシステム、PCなどでの利用を見込んでおり、今後、この技術を応用したSSDの製品化を検討する。さらに、東芝ブランドでも、このHDDを搭載した製品を企業向けに展開していくことで、情報セキュリティ強化を推進する。(嵯峨野 芙美)