クオリティソフト(浦聖治社長)は、フォティーンフォティ技術研究所(鵜飼裕司社長)と協業し、PDFファイルを作成・編集できるソフト「Quality Gaaiho PDF Suite」に、ぜい弱性攻撃防御機能を搭載した最新版「Quality Gaaiho PDF Suite Ver.1.0P」を4月26日に発売した。

 「Quality Gaaiho PDF Suite」は、PDF作成・ファイルの編集からファイル内のドキュメント編集までを一つにしたパッケージ製品。今回の協業により、最新版「Quality Gaaiho PDF SuiteVer.1.0P」に、フォティーンフォティの「PDFぜい弱性攻撃防御機能」を搭載した。

 同機能は、ぜい弱性を利用して実行される悪意ある行動を検知してブロックする機能で、Gaaiho Docのぜい弱性を利用したあらゆる攻撃をブロックすることが可能。これにより、PDFのぜい弱性を突いたコード実行を防ぎ、セキュアな文書閲覧環境を構築できる。

 価格はオープンで、税別参考価格は、Standard Licenseが100クライアントの場合、1クライアント6960円、1000クライアントの場合、1クライアント6700円。Terminal Server Licenseが40クライアントの場合、1クライアント8300円。また、ぜい弱性攻撃防御機能は、1クライアント年間500円となる。同社では、年間で4万クライアント、1億5000万円の売り上げを見込んでいる。