独SAPと子会社のSybaseは、Sybaseのリレーショナルデータベース管理システム(DBMS)である「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」上で「SAP ERP」を動作させる計画を発表した。

 計画では、「SAP ERP」は「ASE」の最新の出荷版に特別な設定をせずに対応。「ASE」の製品ライフサイクルはSAPの保守方針と完全に連動しているので、ユーザー企業はリリースと展開の計画を容易に進めることができる。統合ソリューションの運用と一般提供の開始時期は、年内を予定している。

 発表を機に、主要な「SAP Business Suite」アプリケーション向けに「Sybase ASE」の認定を進める。具体的には、「SAP Customer Relationship Management」「SAP Supplier Relationship Management」「SAP Product Lifecycle Management」「SAP Supply Chain Management」の最新版と強化パッケージのほか、「SAP NetWeaver Portalコンポーネント」「SAP NetWeave Process Integration」製品、「SAP NetWeaver Business Warehouseコンポーネント」が対象となる。

 現在、一部のユーザー企業と協力し、「Sybase ASE」上で「SAP ERP」を動作させるプログラムのパイロット運用を実施。一般提供の開始は、年内を予定している。(信澤健太)